極楽スキー研究会 スガモスキークラブの部屋へようこそ!

基礎もいい、競技もいい、でもそれだけじゃありませんね? スキーは雪山を、ただひたすらダウンヒルするスポーツです! 大自然に抱かれて、鳥になり風になり、自然人に還って無心に遊びます。 歳を忘れ日常を忘れて、日本の冬を愉しむ「極楽な仲間たち」のブログです。

タグ:極楽スキー人生

★行ってきました!本邦最北のスキー・リゾート、KAMUIへ!★
 初日旭山動物園で、ペンギン大行進やらカバの水中遊泳など、珍しいものを中心に見物して、送迎バスで星野リゾート・OMO7にチェックイン、3連泊スタートです。
イメージ 1
二日目、いよいよKAMUIへ・・・
 ここは旭川の市営スキー場ですが、標高差600Mものゴンドラがある立派なゲレンデです。緩急多様なコースが整備されていて、ビギナーからベテランまで楽しめますが、ユニークなのは・・・流行のボードパークを作らずに、深雪のツリーランコースを長短何本も設定し、開放していることです。
 前夜来の降雪でどこも深雪になり、終日パウダー滑降のトレーニングになりました。
 夜は「OMOレンジャー」の案内で市中探訪と夕食、旭川の夜も楽しみました。
イメージ 2
イメージ 3

三日目、日本海側は連日の猛吹雪なのに、ここKAMUIは今日は晴れ、急斜面も全面よく整備されて、我々シニヤでも楽々の好条件! 最奥の第5リフトの両側を疲れるまで何回も繰り返し滑降しました!
イメージ 4

イメージ 5

▼最終日 今回はおじさんばかりだったので、四日目でも休む人無しで、みんな元気に頑張りました!
イメージ 6

イメージ 7

 KAMUIの全コースをトレースしてみて、全体にコース幅が広めに取られていて、滑りやすいと思いました。
 流石に杉さんも、疲れてきたので午後はお休み、年寄り半日仕事の実践です?
    KAMUIは・・・勿論「極楽スキー」の適地に合格でした!

皆様、新年明けましておめでとうございます。
◆平成最後のお正月です。 巢鴨からの元朝の「初日の出」は、スカイツリーの右横から昇りますが、毎年ビルのシルエットが増えて遅くなります。今年は6時50分の筈が7時になりました!
イメージ 1
 西側から雲が流れてきているので、あと数分遅れれば、ビルシルエットからの日の出じゃなくなるところでしたよ。
 北日本・裏日本は、漸くの寒波襲来でスキーOKになりましたが、こちら表日本は快晴続きで、初日の出も綺麗でしたよ!
 明日は皇居へ参賀に参上するつもりです。



久し振りに『スキーヤーのつどい』の当番が回ってきました。
・・・そこで今回は、次のような企画で担当したいと思います。

      ◆「スキーヤーのつどい」の担当について◆ 
        
 ・豊島区スキー協会主催・ 雪山へのお招き『スキーヤーのつどい』
 
11月8日(木)午後6時半開場、7時開会
             としま産業振興プラザ(IKEbiz)6階
 
◇さぁ間もなく新スキーシーズンの開幕です!
本協会では『スキーをライフスポーツに!』をテーマに、区民一般の皆様に、これからのファミリーやシニアのスキーの楽しみ方をご紹介、珍しいスキービデオの上映や「区民スキースクール」の紹介などを行います。
 
初心者や久し振りに滑りたい方大歓迎! 勿論1級を目指す上級志向の方々もお集まりの「つどい」です。
◇入場無料・申込不要◇
 問合せ・豊島区スキー協会・杉山 電・09024552132
    ***  ***  ***  *** 
 
以上のような記事が、【広報としま】の10月21日号に掲載されます!

 これは豊島区スキー協会恒例の《シーズン開幕イベント》を、今回はわれわれ
 スガモスキークラブが担当するにあたり、久し振りに広く区内一般にも呼掛け
て、最近のスキー事情を紹介したり、改めて「区民スキースクール」への参加
を勧誘したい・・・と思ったからです。

▼さて、どんな「つどい」にできるでしょうか。 スガモの皆さんのお力を借
 りて、スキーの楽しさをアピールできれば! と念じています!

メンバー諸兄、諸嬢のご意見もお聞かせ下さい。 お早めにね!  杉爺

◆今年の「豊島区民ラジオ体操大会」は、初めて南池袋公園で開かれました。体協から動員を掛けられての参加は初めてでしたが、なんだかいつもと違ってとしまケーブルTVの撮影などがあって、PR用の取材をされてたみたいでした。
イメージ 1
◆今年は猛暑続きだから、いつもの山歩きはお休み! もう無理はしませんよ。


今夏は7月初めから梅雨明けになり、猛暑続きの日々で参りました!
杉さんの高尾健康登山も、この猛暑では無理はできません。慎重に好日を選んで登っています。
 最近ビジターセンターの前に、『山内事故情報』という広報板ができました。ここに近年の事故が紹介されているのですが、山慣れぬ人のスリップ転倒が多く、また体調不良(山の軽視)による救急要請まで発生しているようです。
 まぁ高尾山の観光地化で、これだけ多くの人が入山すれば、事故も増える訳です。
イメージ 1
◆杉さんのお目当てはオオルリで、今日も六号路の中間で聴けましたが、やはり鳥が少なくなったのが寂しいですね。ビジターセンターで、八王子城趾あたりでサンコウチョウが営巣してるとか? 本当なら見てみたいものですね。      【9冊目8ページ・176回】
(7月22日)

このページのトップヘ