極楽スキー研究会 スガモスキークラブの部屋へようこそ!

基礎もいい、競技もいい、でもそれだけじゃありませんね? スキーは雪山を、ただひたすらダウンヒルするスポーツです! 大自然に抱かれて、鳥になり風になり、自然人に還って無心に遊びます。 歳を忘れ日常を忘れて、日本の冬を愉しむ「極楽な仲間たち」のブログです。

カテゴリ: 技術&用具

★お待たせしました。会誌155号を発行しました。 本号では、最近スキー界で注目を集め始めた、皆川賢太郎氏の「SAJスキー改革」について特集してみました。皆川賢太郎無題
▼過去に何度も補助金の流用事件を起こすなど、古い体質の残りがちな各スポーツ団体の中にあって、最近の全日本スキー連盟(SAJ)は、皆川氏みずからが連盟に入りマーケティング活動を始めるなど、赤字体質からの脱却に目覚ましい行動をみせています。
▼現役選手時代から、既にSAJのあり方に疑問を抱き、ときには代表選手を辞退したこともある皆川氏が、SAJに飛び込んでから5年目、現在は第一線の「競技本部長」を勤めながら、今後中期・長期的に「SAJ100プロジェクト」という改革案を立てて改革を進めているのです。
皆川健太郎png
▼今後、●やるスポーツ(競技)  ●見るスポーツ(観客・興行)  ●遊ぶスポーツ(レジャースキー)の3ジャンルを、いずれも振興しながら、スキー界とスキー業界全体の底上げ(復活)を目指すそうです。 われわれ極楽スキーヤーも、このプロジェクトには大賛成です! 余生短い吾々ですが及ばずながら協力していきましょう!

★今年も、恒例のICI石井スポーツの「カスタムフェアー」に行ってきました!
 丁度、イベントの目玉である「皆川賢太郎と佐々木明の、スキー談義・・・」があったので、聴いてきました。

190615_144430 (1)

皆川健太郎png


◆皆川賢太郎さんは、現役引退後、一念発起してSAJに入り、現在は常任理事として日本スキー界の勃興に尽力中です。 
 そうです! 世界のアルペン界を身をもって体験、熟知している人がSAJの中心に入って活躍して欲しいと念願していましたよ!
皆川賢太郎無題


 ◆佐々木明さんも、現役引退後は、技術選に出たり全日本アルペンに出たりと、まだまだ第一線の実力を見せている怪物です。
皆川佐々木

◆スキー界は、ノルディックは一流なのに、アルペンは猪谷千春さん以来60年も「鳴かず飛ばず」です。ノルディックとアルペンの違いは、100分の1秒の僅少差を争う激戦の世界であり、ジュニア時代に頭角を表せた者だけの競技になってしまっているからのようですが、皆川さんらの話もいかにジュニアを育てるか!? 有力選手が育たない、選手層が薄い中での苦心を語っていました。

 モーグルやボード、スキークロスなど、新ジャンルでの日本選手の大活躍が目立つのに、アルペンは故障がちの湯浅さんだけとは・・・本当に残念ですね。










★ああ・・・なんと言うことですか?!  想像もしてなかったけれど、わがスキー界はそんなにも深刻な不況になっていたんですね!

▼確かにスポーツの世界は多様化が進んでいますし、他種目と同様にスキー人口も激減したため購読者は減る一方だったことでしょう。出版業界は栄衰の激しい業界で、SJ誌はその中でも健闘していた方なのでしょうね。

▼また一つ、昭和が遠くなりますね。 われわれオールドスキーヤーの青春期を飾った、華やかな情報誌でした。 

▼SJ誌は、「SAJ教育部の宣伝誌的な存在」でもありました。永年の基礎スキー界の「今年のトレンド技法」流布媒体として読まれ・・・あの「自然で楽なスキー・・・の破綻」でトレンド商法が終わり、スキー技法の基本帰り(トレンドなし)に伴なって一層購読者離れが進んだのでしょうね。

  嬬恋から北に、白い横手山や万座・白根の山々を望む
イメージ 1

★思えば・・・最初(昭和20~30年代)は、スキー関係は登山技術の一つとして山岳誌に掲載されており、朋文堂や山と渓谷社の記事や出版書で、猪谷六合雄・三浦敬三さんなどの技術書を読んでいたものです。その後冬樹社がSJを発行してから51年、もっと長く続いて欲しかった専門誌ですね。






★スノボのハーフパイプで、若干15歳の戸塚優斗君初出場で優勝しました。
 これまでこの種目は日本の平野歩夢や平岡卓、片山来夢らが抑えていましたが、戸塚は今年3月の全日本選手権で優勝し、ついに世界でも頭角を表わしました。

イメージ 1
◆9月8日、ニュージーランドのカードローナで開かれたワールドカップ第一戦で、優勝した戸塚優斗(右) 左は2位となった平野歩夢 アルペンはダメだけど、
フリースタイル系、モーグルやハーフパイプでは日本は今大活躍です!!!

▼22日夜、豊島区スキー協会の指導部会の納会が開催されました!
席上、今年一発で準指合格の及川さんと、正指に合格した小島さん・石塚さんの3人が記念品を贈られ表彰されました。
             合格 おめでとう!
イメージ 1

このページのトップヘ