極楽スキー研究会 スガモスキークラブの部屋へようこそ!

基礎もいい、競技もいい、でもそれだけじゃありませんね? スキーは雪山を、ただひたすらダウンヒルするスポーツです! 大自然に抱かれて、鳥になり風になり、自然人に還って無心に遊びます。 歳を忘れ日常を忘れて、日本の冬を愉しむ「極楽な仲間たち」のブログです。

カテゴリ: 豊島区スキー協会

❖空前の雪不足に加えて、突然のコロナ騒ぎでシーズンは突然終わりました。シーズン後半に集中する各種のスキー競技会や検定会も全面中止! こんな年は初めてです。 われわれ一般のスキー愛好者にとっては「残念だけど仕方がない!」と簡単に諦められますが、そう簡単に諦められない人達も大勢いることでしょう。多くのスキー選手たち、スキー場経営者、ホテルや観光業者など・・・これで人生が変わったり、狂ったりする人も出るような気がします。困ったことですね。
snowjapan201819-e1562723161174
 多くのアスリートが青春の全てを賭けてチャレンジする五輪も来年に延期、アスリートにとって来年も今年の調子を維持できるとは限りません。逆に若手にはベテランに追いつき追い越すチャンスになるかも?  冬季五輪は再来年ですから、多少は余裕はありますが、一日も早くコロナショックが収束して、安全で自由で平和な世界に戻れるよう祈ります。
 「極楽スキー研究・159号」は、行事報告を主に掲載した。
 ※ 本紙をご覧になりたい方は、お名前とE-mailをお知らせください。添付送付いたします。

★河内会長から、ハルコさんが二人部屋に一人になってるから、淑女一人行きませんか? 探してね!とメールがありました!!!
 淑女一人大募集です! 行ける人は至急ご連絡ください!!!
ビレッジslide_ski_02

▲画像はニセコヴィレッジ

   ❖さぁ、各地とも降雪があり岩鞍も70㎝! 好条件になりました! ドンドン行きましょう!

★今年の「スキーヤーの集い」は、アーデルSCの担当です。
4年前と同様に、河内会長のセミナー「スキー用具と、上達の秘訣」をお聞きしましょう。
 ◆河内会長は、スキーの本質を見事に捉えた「シャープな滑り」の表現者です。やはり体操競技で鍛え上げたバランス感覚の鋭さと、持ち前の情熱で多くの準指や正指を育て、現在のアーデルと協会を発展させてこられました! 昭和後期から平成の4~50年間にもわたるご活躍は目覚ましく、協会の現在はひとえに河内会長のご尽力の賜物でしょう!!
名写真集

 ◆今シーズンも豊島区スキー協会からは、4名の準指受験者を出しています。
アーデルから上田さん、スープから木村、宮崎(夫妻)さんの4名です。ご健闘を祈りましょう。
 
CIMG9440

◆毎年というか、万年2位の都民大会・回転男子の団体成績ですが、今シーズンこそ優勝してね!

高尾image0
    ▲上の画像は11月5日の高尾山、大見晴らしからの富士山遠望、拡大して見てね!
◆さぁ、いよいよ新シーズン到来です! スガモの極楽スキーも12月のニセコから始動します。
 杉さんも脚力と体幹のトレーニングを本格化、今月は高尾へも二~三回は行くつもりですよ。

追伸・・・当夜の河内会長の【技術論】は、なかなかデリケート過ぎて分かりにくかったかも?! そこでスガモでは、会報次号で、その「高い姿勢技法」について考察しようと思います。もちろん河内会長の解説も頂きますよ。(杉さん)






◆今秋、池袋が大規模なリニューアルで燃えています!
 旧区役所と公会堂と区民センターが一斉に建て替えられ、その前庭である中池袋公園と共に、この一帯が「ハレザ」の愛称で、新しいアミューズメントセンターに変貌しました!
 この一帯はすでに、アニメやマンガ、コスメの天国ともなっており、渋谷原宿に次ぐ若者や新人類の集まる盛り場になりそうです。
ハレザIMG_0358
◆加えて、池袋西口でも芸術劇場前の噴水公園も大改造! 野外ステージも全面的に新設されて、見違えるようにモダンになりました。
 豊島区は今年「東アジア文化芸術都市の日本代表」として、京都や金沢の次ぎに文化庁に指定されて代表都市イベントを展開中でもあり、高野区長の目指す「芸術文化都市としま」の推進が、いよいよ開花してきたかのようですね。 

★7日は今夏2回目の、オフトレ・ピラティス教室でした。
CIMG9977

この教室も既に9年目を迎える恒例行事になっています! 例によって10人ほどのご婦人に混じって、杉さんとヒデオさんのおじいが2人、ミッチリ2時間、体幹トレーニングにご老体を絞られました!!!

このページのトップヘ