極楽スキー研究会 スガモスキークラブの部屋へようこそ!

基礎もいい、競技もいい、でもそれだけじゃありませんね? スキーは雪山を、ただひたすらダウンヒルするスポーツです! 大自然に抱かれて、鳥になり風になり、自然人に還って無心に遊びます。 歳を忘れ日常を忘れて、日本の冬を愉しむ「極楽な仲間たち」のブログです。

カテゴリ: クラブ活動報告

$RTOZVJP
★神田川や飛鳥山の桜も咲いて・・・残念な結果に終わった21スキーシーズンは終わりました!
いつもシーズンを総括する「極楽スキー研究・春号」も、今年活動報告が無く・・・代わりに高梨沙羅ちゃんや小林陵侑くんらの活躍ぶりを特集してみましたので、ご覧ください(第164号) さらtnr141-jpp036933484

★152㎝の小柄な沙羅ちゃんが北欧やドイツの大女に囲まれて、今冬も大健闘してくれました。
▼男性陣も小林陵侑くん、渡部暁斗、堀島行真、戸塚優斗と、いずれも各種目でトップ選手の成績を残し、来季に迫った北京冬期五輪へ向けて万全の準備をしています!小林20210326at05S_p小林陵侑
watabe300px-20180128_FIS_NC_WC_Seefeld_Akito_Watabe_850_3629渡部暁斗
堀島img_m01_Horishima_full堀島行真     戸塚優斗totukaMensPodium-1080x560

★近年、ゲレンデから飛び出して山スキーを目指す人が増えています。スキーメーカーもゲレンデ用以外のファットスキーにも力を入れるようになり、スキーショップでは通年展示されているのは、そうしたオフピステ用のマニアックな板が目立つ時代になりましたね。
yokoteyama
          ▲ここは横手山から望む北信の黒姫・妙高です。

nadare21.3.16
                                ★妙高裏、焼山でおきた大雪崩!  金沢の山スキーヤーYASUHIRO氏撮影
◆ただ、オフピステには危険がいっぱいあることを知っておかねばなりません! 用具・装備はよくなったけど、中身の人間は昭和人より肉体的・精神的にひ弱ですし、自然に対する畏敬や警戒心が足りないと思います。乗鞍のような大斜面に、前夜降雪があれば、翌日は表層雪崩がおきやすく、当然ルートは十分安全なところでなければならず、熟練リーダーかガイドとの最少人数での行動でなければならないのです。 山でのリスクは個人持ちです。山での死は自己責任なのです。ゲレンデのように雪崩危険
を保証してくれはしないのです。    

フリー滑降無題

私は二十歳前後に、山岳部や山岳会で仲間を3人亡くしました。それ以来「どんなに気を付けても、山では死ぬことがある!」と悟り、以来スキー主体に転向したのです。今の青壮年スキーヤーの皆さんにも、十分にこのことは知っておいて貰いたい。山スキーをやるなら、事前に夏山から経験を積んで欲しいと思うのです。

★宣言が解除されれば、早速もう1度滑りに行こうと・・・ひそかに狙っていたのに! 残念! 宣言解除は3月下旬になりそうです。 それではさすが豊雪の今シーズンでも、何処もダメになりますね。
白馬img_mm_1210_17
◆今のこの我慢は、来シーズンの万全の再開を目指すため!と思いましょう! 今、しっかりコロナを退治できなければ今夏の五輪もないでしょうし、世界中が空前の不景気に見舞われてしまうかも知れません。
◆それに・・・杉爺さんも今季は坐骨神経痛に見舞われて、なかなかリハビリも効果なく、生涯一の不遇なスキーシーズンになってしまいました。 まぁ人に話せば「お歳ですから・・・」と当然視されるだけですし、医師たちにも当然視されて、愚痴を聞いて貰えるのはスキー仲間の皆さんぐらいです!
 さぁ、気を取り直して・・・ 来シーズンはきっといい年になる! ・・・と期待しましょう!

★ビッグイベントの「都民大会スキー競技会・区対抗戦」は中止になりましたが、都連のクラブ対抗戦の方は予定通り実施されます! そうだよね! 何でもかんでも中止すれば楽でしょうが、滑る習慣だけは途切れさせたくないんです!!! 豊島区スキー協会選手団の皆さん! 今年も頑張ってね!!!
根子岳ツアー 010

根子岳ツアー 008
◆かつて菅平に根子岳ヘリスキーがあった頃の、空撮した菅平です。 今年は雪がたっぷりで絶好のコンでションなのに、競技もレクも自由にできないなんて、ほんとに辛いですね。 来年こそはたっぷり滑るぞ!!!
根子岳ツアー 012

★昨シーズンの中半から始まったコロナの蔓延・・・ついに一年経っても治りません!
そしてステージ4の「緊急状態宣言」が出ていては、さすがの「極楽スキー狂」も出足が鈍ります。ネットで各地のゲレンデライブを見ても、どこも閑散としています。業者の皆さんの本当にお気の毒です。
powder03
宣言が解除されたら、早速にも滑りに出かけたいものですが、やはり日程中の三密が心配です。
そこで考えるのが、せめて「日帰り」でお茶を濁そうか・・・なんとか今年もスキーしたことにしようか!・・・と言うことですね。
そんなわけで2月も滑るつもりです。行先は前回と同じ「湯ノ丸」です。ここは高速から降りて30分で着く近さや、雪質の良さ、フード付き高速リフトや1000mもの長大コースもあって、杉さんのお気に入りです!
小人数2~4人で行きましょう。日程は2/12、13、14、17、21、23、などなら杉さんはOKです。ただ、バスの予約が取れるかどうか、10日くらい前までに取りたいので、同行したい人は早めにご連絡ください。
早くステージ2~1に下がってくれと、祈っています。





このページのトップヘ