イメージ 1
バーレーン戦では圭司と達也の両FWの、前線霍乱が効果的でしたね。体格の劣る二人ですが、相手の裏を取りに行っての執拗な攻撃は相手のファールを誘って、得点へ繋がりました。
直接のゴールはなかなか取れないが、こうしたアシストがいい二人でした。岡ちゃんも、そこを見込んでるんでしょうね!
この調子なら、今後も代表に呼ばれそう!?
でも、名古屋もそろそろ天王山で、J1の首位争いの方も大事だし、さあ・どうする?