極楽スキー研究会 スガモスキークラブの部屋へようこそ!

基礎もいい、競技もいい、でもそれだけじゃありませんね? スキーは雪山を、ただひたすらダウンヒルするスポーツです! 大自然に抱かれて、鳥になり風になり、自然人に還って無心に遊びます。 歳を忘れ日常を忘れて、日本の冬を愉しむ「極楽な仲間たち」のブログです。

2020年05月

★先月中旬、極楽メンバーのノンちゃんからのLINEで頂いた「短歌とイラスト」ですが、あんまり素敵なので、ここにも紹介させて貰います。
君29649285_normal_0

▼いやぁ、何度みても素敵な短歌ですね! ・・・コロナ自粛で、国内で、海外で、多くの家族が、友人が、恋人同士が・・・普通に逢えない悲哀を味わっているのですが・・・ 逢いたいよ! 君のこと忘れてないよ・・・と慕情の募る毎日ですね。
 LINEやNETや、朝日新聞などにも紹介されて、すっかり有名になりました。

❖作者は、タナカサダユキさん(イラストレーター)で、句が先にできて知人に見せたら、イラストもつけてと言われてこうなったそうです。日頃からデザインを考えているからの着想ですね。

❖それとイラストの中のキャラは、これも今話題の「アマビエ」です。 「アマビエ」とは熊本の海に住んでいた、伝説に登場する「疫病よけ」の妖怪?神?だそうです。 「アマビコ(海女彦?天彦?)」がなまったと言う説もあるとか・・・ 妖怪専門の水木しげるさんが描くとこうなります。
amabie

▼ペンギンのような嘴に、全身の鱗と3本足(ひれ?)・・誰も見たことがないので、大勢が勝手に自由に描いています。疫病神じゃなくて、反対の「疫病除け」の珍しいキャラなので、ついに何処かの神社が石像を作ってお祭りし、参詣客を呼び始めたとか・・・ 
 今、「アマビエ」で検索すれば、百花繚乱? & 百鬼夜行?ですよ。
アマビエ3EWW9-5kUwAAlgBv

アマビエETyARYCUMAACS7v
アマビエEUm9YC7U4AUlBxt

なんでもいいから、早くコロナを退治してくださいね。

今年はお花見も、ゴールデンウイークの行楽も、何もかも吹っ飛んでしまいましたね! 日頃お達者なクラブの皆さんも、さすがにこの長期冬眠生活には、いささか飽き飽きしてませんか?
戦前・戦後のあの混乱・困窮時代を知る杉さんも、こんなコロナ騒ぎの不自由さは初めての経験です。
戦乱期と違って命や衣食住の不自由はありませんが、われわれ高齢者にとっては、長引く閉じこもり生活で日々の生活が不活発になり、心身が不健康になりそうですね!
でも・・・でも・・・いつも何事もめげず乗り越えてきた大和民族です! われわれお達者メンバーです!
 トンネルの出口は近い! 明けぬ朝はない! と信じて・・・
自分のできる方法で健康だけは維持しましょう。
o0732108014437266276.jpg長寿
◎こんな閉じこもり生活を続けていると、高齢者はすぐ体力低下が始まります。出歩けないなら仕方がない。自宅内でとにかく身体を動かしましょう! 
簡単ストレッチやラジオ・テレビ体操で、お達者を維持しましょうね!!!

★コロナ自粛がまた一月延びて、連日自宅待機中です。
カレンダーも真っ白になって、早3月目・・・身動きの取れない不自由な毎日の中で、巣鴨朋友会の奥さんたちが、あり合わせの材料を生かして「布マスク」の手作りを始めましたよ。
CIMG0215
今、マスクが品薄になってるところから、高齢者クラブの会員さんの中の一人暮しの皆さんに、早速「よかったらお使いください!」と、2枚づつプレゼントして喜ばれました。
手作り有志の皆さんご苦労様でした!

このページのトップヘ