極楽スキー研究会 スガモスキークラブの部屋へようこそ!

基礎もいい、競技もいい、でもそれだけじゃありませんね? スキーは雪山を、ただひたすらダウンヒルするスポーツです! 大自然に抱かれて、鳥になり風になり、自然人に還って無心に遊びます。 歳を忘れ日常を忘れて、日本の冬を愉しむ「極楽な仲間たち」のブログです。

2020年04月

★2月から始まった「コロナ戦争」が、当分収まりそうもありません。外出や集会の自粛要請続きで、もうすっかり運動不足になりました。
 杉さんの場合は、辛うじて毎朝のラジオ体操とその往復の歩きで、身体のストレッチとチェックをしている積りですが、やはり身体が硬くなりはじめて、体力の低下が進んだように感じます! 困りましたね!
 今は丁度、スキーなら春山スキー、山なら芽生えの「山笑うとき」ですし、海だってまだ暑くなく、サーフィンもダイブも絶好のシーズンなのに・・・・・・、若者たちも、われわれ老人達も、困り果てています。
 こんなときはユーチューブで、凄い動画を見るのが一番! https://www.youtube.com/watch?v=Tf8LEWKoeh4 こんな冒険スキーもあるんですね? 
名写真集

杉さんが以前から継続して見ているHP「YASUHIROのマウンテンワールド」も、ついに自粛して休止のようで残念ですが、過去の記録が山ほどあってそれを見てると退屈しません。
最近は、「髭男爵」の山スキーが、珍しい北アの山スキーの自撮り動画で面白く拝見しています。
皆さんもこんなときは、ネットサーフィンで珍しい動画を探して、お楽しみください!

■アッという間に、コロナ戦争が始まってしまいました! 令和になった途端の思いがけない大災厄です! 平和な平成の三〇年の後の、戦争を知らない世代の人達を、突然襲った大戦争です。
■戦前生まれのわれわれ高齢者は、戦中戦後の食糧難・生活難を身にしみて知っています。しかし、今度のコロナ戦争は食糧難や物不足ではなく、人類全体を襲ったウイルスとの戦いで、眼に見えない病魔との困難な長期戦になりそうです。 まだ有効なワクチンもなく、じっとウイルス伝播の終息を待つ間に、世界的な不況が始まってしまいそうです。
❖われわれ高齢者は、家にじっと籠もるのはいいのですが、ついそれで運動不足になりがちです。それを心配して、豊島区高齢者福祉課が、日本老年医学会作成のチラシを豊島区高連の会員に配布してくれました。会員の皆様がたに近日届くはずです。(豊島区のHPにも掲載あり) フレイル予防の簡明なチラシですが、とても内容がいいのでぜひご活用下さい。

くねくねimg_fe939099e49140d09adf841b46e646d9394059
○ここでは別の、誰でもできる優しい体操「くねくね体操」を紹介します。この写真のように、腰を左右に振らすだけ! これなら誰でもできますね! でもこれがとっても効くんです! ぜひ騙されたと思って、お試し下さい。足腰の痛みが軽快しますよ。おなかも引っ込むかもね?

❖空前の雪不足に加えて、突然のコロナ騒ぎでシーズンは突然終わりました。シーズン後半に集中する各種のスキー競技会や検定会も全面中止! こんな年は初めてです。 われわれ一般のスキー愛好者にとっては「残念だけど仕方がない!」と簡単に諦められますが、そう簡単に諦められない人達も大勢いることでしょう。多くのスキー選手たち、スキー場経営者、ホテルや観光業者など・・・これで人生が変わったり、狂ったりする人も出るような気がします。困ったことですね。
snowjapan201819-e1562723161174
 多くのアスリートが青春の全てを賭けてチャレンジする五輪も来年に延期、アスリートにとって来年も今年の調子を維持できるとは限りません。逆に若手にはベテランに追いつき追い越すチャンスになるかも?  冬季五輪は再来年ですから、多少は余裕はありますが、一日も早くコロナショックが収束して、安全で自由で平和な世界に戻れるよう祈ります。
 「極楽スキー研究・159号」は、行事報告を主に掲載した。
 ※ 本紙をご覧になりたい方は、お名前とE-mailをお知らせください。添付送付いたします。

このページのトップヘ