極楽スキー研究会 スガモスキークラブの部屋へようこそ!

基礎もいい、競技もいい、でもそれだけじゃありませんね? スキーは雪山を、ただひたすらダウンヒルするスポーツです! 大自然に抱かれて、鳥になり風になり、自然人に還って無心に遊びます。 歳を忘れ日常を忘れて、日本の冬を愉しむ「極楽な仲間たち」のブログです。

2018年01月

▼今度は蔵王で、火山性地震が発生し始めたようです。
 ・・・といっても蔵王も広く、震源は地蔵岳の反対側の、東南側・遠刈田側の山頂近くです。 だからこの程度の地震発生で、蔵王のスキーエリアや温泉が、すぐ危険になるわけではありません。 ※下は山頂駅展望台からの地蔵岳山頂です。(1/16)

イメージ 1
 
▼草津白根のスキー場は、やはり今季の営業の休止が決まりました。
 大好きな清水沢と振り子沢が滑れないのは残念ですが、来年以後の再開を期待しましょう。

★草津は白根のゴンドラがあり、そこから始まる、振り子沢と清水沢の両ダウンヒルコースが魅力です。
 今回はその両コースの起点から、わずか2~300Mの地点数カ所が水蒸気爆発し、周辺一帯に噴石と降灰を大量に散らした様子です。
 いつも何の不安もなく滑降していたところで、遭難者まで出たことは驚きですし、改めて自然の脅威・・・山々の秘めた力・・・に、畏怖と警戒を忘れてはいけないと思います。
イメージ 1

 ▼これは樹氷原ゴンドラから遠望する竜山ゲレンデと蔵王温泉街です。

 蔵王の山々も休火山で、温泉の恵みは火山のあるお陰となれば、蔵王の各コースも同様の噴火被害が起きても不思議ではありませんね。
 そのときは運命と諦めますか?!

 ◆さてお次は、2月上旬の「パルコール嬬恋」です。 本日JR券を送付しました。 今年は雪はたっぷり! いい滑りができそうですよ・・・!


★温泉スキーの代表・蔵王!
 スガモでは3年に一度は蔵王に行くことにしています! そしてベースは蔵王一ゲレンデ密着の「ホテル樹林」に決めています。
 温泉地としての「蔵王」は落ち目で客数が激減、温泉旅館は半減してしまいましたが、冬の風物詩としての「樹氷の蔵王」も・・・魅力がなくなってきてるのかも?

  でも、われわれには「いい湯・いい宿・いいコース」があれば十分です!
 もう五回続けて「ホテル樹林」を利用していますよ!
イメージ 3

 ★今冬の蔵王はまだ樹氷は十分育っていなかったけど、初日は寒くて雪は絶好!「中央ゲレンデ」と「ダイヤモンド」で粉雪スキーを楽しんで後、地蔵まで上がってきました。大平コースも高鳥コースも、整備がよくて蔵王はまた易しくなりました。

イメージ 1
 ★中央ゲレンデ最下部の三角屋根「三五郎小屋・SANGORO」は、人気の洋風ロッジ! ランチタイムは大混雑です。
 ゲレンデも、平日なので小学生の団体レッスンが多く・・・なるべく逃げて滑り回りました。 雪質はお天気次第・・・寒い日は上々だけど、気温が上がれば下部のウワノダイ(上の台)などは大分緩みました。 

イメージ 2
 ★1/19~21は女子W杯ジャンプ蔵王大会が開催されます。ここが会場!
高梨、伊藤の活躍を祈りました。


今シーズンの、
     第一回豊島区民スキースクールに参加してきました。
  昨年とは大違い・・・大雪の上、絶好のパウダースノー!!!
    岩鞍は素敵なスキー天国でした!
イメージ 1
やぁ、みんな嬉しそうですね!
岩鞍は丸沼以上にスケールの大きなゲレンデです。
   緩急さまざまで、長大なコースもあり、
講習には最適です。
スガモのお爺さんたちも、ご機嫌で滑り回りましたよ!
イメージ 2
★バックは日光白根山の連峰です。

杉さんの新しいウエアーも、相変わらずイエロー系です!
イメージ 3
★バックは上州武尊山です。

◆高尾山頂で、富士山に初詣!
  みなさん・・・明けまして、お目出度う・・・ございます。

『極楽スキー研究・147号』発行しました。近日中にお届けいたします。

そして、恒例のお正月高尾山初詣で・・・大晦日からいささか酒気が高まったので、それを一掃したくて行ってきました!
 やぁ・・・見事なお山でしたよ!
   もちろん、一富士! 
     快晴の富士見台からの絶景でした!
イメージ 1
 
★一富士 二鷹 三茄子 の謂われはご存じでしょうが、一富士には異論なし! 何度拝んでも不思議と飽きません。

会報も、もう147号・・・今年は150号を迎えますが、なにか記念号にしたいな!

このページのトップヘ