極楽スキー研究会 スガモスキークラブの部屋へようこそ!

基礎もいい、競技もいい、でもそれだけじゃありませんね? スキーは雪山を、ただひたすらダウンヒルするスポーツです! 大自然に抱かれて、鳥になり風になり、自然人に還って無心に遊びます。 歳を忘れ日常を忘れて、日本の冬を愉しむ「極楽な仲間たち」のブログです。

2015年10月

【極楽スキー研究・134号】本日発行しました。新シーズンの発表号です。
初滑りは丸沼とニセコ、1月ルスツ、2月箕輪、3月八幡平など予定しています。
イメージ 1
今年は雪が早く来るでしょうか? さぁ準備を始めませんか?

◎昨24日、美智子さん、捷次さんと、登ってきました。湯本温泉から下が紅葉の見ごろ、ロープウエーや山のほうは、もうすっかり葉が落ちて晩秋の気配、冷たい風が吹き抜けていました。
この山は全山岩がゴロゴロのゴロタ道で、気が抜けません。両手にストックで慎重に登降しました。お陰でとってもいいスキー・トレーニングになりました。
                ★茶臼山頂から南月山、白笹山方面を望む
イメージ 1
イメージ 2
                   ★峰の茶屋から朝日岳を望む。
さぁ、北風の季節になってきましたね。木枯らし1号も吹いて、札幌にも初雪とか!
 皆さんそろそろスキーの準備ですよ!



創立60周年! ◇豊島区スキー協会もいよいよ還暦を迎えました!
イメージ 1

 ◆祝賀会に大勢ご出席有難うございました。

◇記念誌をご覧になって、バーコードでこのブログをご覧の皆さま、ご訪問有難うございます。
 昭和から平成へ、スキーへの情熱を燃やし続けて60年・・・大勢の仲間たちの友情の証しがこの長年月です!
 このシュプールはまだまだ続きます!
   今シーズンも、どうぞよろしくお願いいたします!!!

 




★初夏から手掛けていた豊島区スキー協会・創立60周年記念誌が、ようやく完成しました! 今回は略式でよいということで印刷屋さんにお願いせず、杉さんの手作りで版下まで作り、キンコーズの機械でコピーし製本してみました。これがほんとのデスクトップパブリッシングですね! やはり写真の処理が雑でしたがご勘弁ください。
イメージ 1
★協会はこれで6冊記念誌を発行しました。 スキーが退潮しつつあって次の10年後の記念誌はどうなるでしょうか? いままでも何とかなったんですから、これからも何とかなるでしょう! この楽しいスキーライフを続けていればね!?

◎この秋一番の快晴になった8日、早速高尾へ! 平日なので空いてるかと思ったら、小学生や幼稚園児の遠足で大賑わいしてました。
大見晴らしからの富士は、今秋はまだ降雪がなく「黒富士」でした。
イメージ 2
イメージ 3

▼高尾に多いアサギマダラは、春は5~6月秋は10月に成虫となり産卵しますが、この日は穏やかな快晴とあって、一斉に飛び交っていました。どうやら北上したり南下したりするのは、その蝶単独でするのでなく、何世代にも渡ってリレーしながらするそうで、すごいDNAを持ってるんですね!
ついでに、この蝶が高尾によく来るのは、その食草であるキジョランという蔓草がここに多いからで、一年中高尾で繁殖しているそうです。 成虫は目立つのですぐ見つかりますが、幼虫や蛹もキジョランを観察すれば見られるそうです。今度見つけてみましょうね。
イメージ 1


このページのトップヘ