極楽スキー研究会 スガモスキークラブの部屋へようこそ!

基礎もいい、競技もいい、でもそれだけじゃありませんね? スキーは雪山を、ただひたすらダウンヒルするスポーツです! 大自然に抱かれて、鳥になり風になり、自然人に還って無心に遊びます。 歳を忘れ日常を忘れて、日本の冬を愉しむ「極楽な仲間たち」のブログです。

2015年02月

◆二日目、天気は晴れ間が多いけど、なんと日本列島に春一番が到来!? 富良野も北の峰も気温が上がって雪が緩み、北の峰の下部のオープンスロープが湿雪になりました。
 北の峰は上部はコースが高度感が強く、ご婦人たちには厳しかったかな? この日は雪のいい上部中心に滑り、富良野へ帰りました。
イメージ 1
◆富良野ゾーンの方がダウンヒルしやすいコースが多いので、午後は早めに戻りました。雪質も良くなってきたので、みんなご機嫌に飛ばしましたよ。 ホテルでは紫彩の湯へゆっくり入り、夕食は和食コースを賑やかに楽しみました。
イメージ 2

◆22日から4日間、北海道は富良野への極楽ツアーに行ってきました!  当初の17人が結局15人になりましたが、それでも大団体ですね。満員のJALで旭川へひとっ飛び、バス一時間ちょっとで新富良野プリンスに到着です。
イメージ 1
★バスから十勝岳連峰を望む。   ◆初日は午後1時前から早速ゲレンデへ出られるなんて、早ワザですね。春節の中国人客で大混雑のホテルでしたが、例によって早めのチェックインで楽に着替えもできました。 富良野ゾーンの全コースを次々とトレース、長崎・巣鴨両レディースも全員快調に滑ってくれました 。■夕食はバンケットホールでの豪華バイキング! さぁ極楽・富良野スキーツアーの始まりです!
イメージ 2

さぁ、いよいよメイン・イベントの富良野ツアーです! 皆さん体調はいいですか? お陰さまで杉さんの肩や頭痛もなんとか治り、元気に北海道へ飛べそうです! 良かったですねぇ!
▼頭痛は脳震盪の症状ではなく、どうやら頚椎捻挫(むち打ち)の影響との診断を、主治医のOドクターから頂きましたそして首に湿布をしたら、あら不思議(´・∀・`)! たちまち頭痛が消えました。こんなこともあるのですね!分からないもんです。
◆直前に直ちゃんがキャンセルしたため、Eチケットを全員「再発行のチケット」と交換することになりました。22日朝の羽田で交換いたしますので、それ以前にチエックインしないでください。よろしくね!     ▼下は蔵王の地蔵前です。
イメージ 1
 

今年はスガモスキークラブ「お達者クラブ」にリニューアルしてから、丁度20年になります。また豊島区スキー協会も、創立60周年になります。そして恥ずかしながら筆者(すぎさん)も傘寿を迎えております! 永いような短いような、でも充実したスキーらいふを、お陰さまで続けております。 ありがたいことです。「スキーと山を続けたおかげで、今の私の健康がある!」と痛感する現在です。
イメージ 1
★樹氷の蔵王地蔵山をバックにして!

★8~10日、極寒の最盛期を迎えた草津へ、お達者の皆さん10人と行ってきました。初日は3時過ぎから半日券で、8回は乗らぬと元が取れないので御成山と天狗で4時半過ぎまでに12回も乗りました! 雪がいいのでみんなご機嫌でした!宿は豪華なナウリゾート、いい湯いい部屋いい食事でしたよ!イメージ 1

◆中日は極寒の本白根山頂へ! ー15℃? 道理で雪がキチキチ鳴いてました! ゴンドラに5回乗ったということは、振子と清水沢を5回も滑降したということですね! 寒かったけど天候は良く、誰も転けずに草津の醍醐味を満喫しました!

◆最終日は、またまた午前中に振子と清水沢をダウンヒル!青葉山でも痛快に飛ばして遊びました。そして締めは中華料理の「上海」でランチ会食で打ち上げ、ゆっくり温泉も楽しんで帰京しました! 蔵王に続きパーフェクトな極楽スキーでした!
イメージ 2

このページのトップヘ