極楽スキー研究会 スガモスキークラブの部屋へようこそ!

基礎もいい、競技もいい、でもそれだけじゃありませんね? スキーは雪山を、ただひたすらダウンヒルするスポーツです! 大自然に抱かれて、鳥になり風になり、自然人に還って無心に遊びます。 歳を忘れ日常を忘れて、日本の冬を愉しむ「極楽な仲間たち」のブログです。

2014年10月

★28日、秀夫さん美智子さん和代さんとの4人で、秋真っ盛りの西澤渓谷一周ハイキングに行ってきました!
 ここ甲武信岳(こぶしだけ)に水源を発する笛吹川上流には、七つ釜五段の滝ほか、多くの滝や淵が次々と連なり、折りからの紅葉と相まって見事な景観を見せてくれていました。
 今春の新緑期にも行こうとしたのですが、二月の豪雪で谷沿いのルートや橋が雪崩で破壊されたり、残雪が多くて七月まで閉鎖されてたんですよ!
 渓流に沿って遡る往路は、岩根や崖伝いのスリルと滝や激流の轟音で緊張の連続でしたが、五段の滝上の急坂を攀じてからは、古い森林軌道をスイスイと戻るプロムナードで、全山紅葉のなかを赤く身を染めながら下りました。
  往復5時間たっぷりの行程でしたが秋山の楽しさを満喫した一日でした。また行きたいな!
イメージ 1
★展望台からの五段の滝
 
イメージ 2
★鶏冠山(とさかやま)遠望
イメージ 3
★いろは楓の紅葉

めぼしいツーリスト各社から、スキーツアーのパンフレットが出揃いました!
例年この時期、杉さんはこれら10冊以上のパンフを逐一検討、最良の「極楽スキープラン」を選ぶのに苦労しています。
さて今年の特徴は、北海道は相変わらずJALとANAのプランが安くてどこも魅力的なのに、本州のスキー地のプランはJRの値上がりと,限定列車割引の廃止などで、どこも軒並み高くなり、ホテルもゲレンデも目新しい変化もないので、興味をそそられるところがなくなってしまったことです。
そこでこんなに差があるなら、本州に固執する理由もないので、北海道をフルに楽しむことにしようかなぁ・・・?!と思いはじめています。 初滑りから北海道もいいでしょう?
 
             ◇写真は10月11日・三頭大滝
イメージ 1
 
             ◇写真は10月19日・高尾山頂
イメージ 2

『極楽スキー研究』126号を発行しました。新シーズンの予定は次号になりましたが、ご期待ください!
 
今年度の「スキーヤーの集い」は、11月13日(木)夜です。
今回はわれわれスガもの担当ですが、最初、ソチ五輪の総集編を見たいと思ったのですがなかなか見つからないので諦めて…、改めて珍しい映像を探して、日本スキー発祥記念館(高田)と、日本スキー博物館(野沢)から、日本のスキー発祥からスキーの発達史のDVDをお借りして上映することにいたしました。
大変珍しい映像ですので、この機会にぜひご覧下さい。
イメージ 1

このページのトップヘ