極楽スキー研究会 スガモスキークラブの部屋へようこそ!

基礎もいい、競技もいい、でもそれだけじゃありませんね? スキーは雪山を、ただひたすらダウンヒルするスポーツです! 大自然に抱かれて、鳥になり風になり、自然人に還って無心に遊びます。 歳を忘れ日常を忘れて、日本の冬を愉しむ「極楽な仲間たち」のブログです。

2014年05月

イメージ 1
◎ソチ五輪では。日本のアルペン陣は残念ながら全滅でした。
 なぜアルペンは弱いの!!!
◆かつて、昭和31年の伊、コルチナダンペッッオの五輪の回転競技で日本の猪谷千春選手(右上)は、トニーザイラー(左上)についで2位となり銀メダルを獲得しましたが、以来58年間メダルから遠ざかっているのです。
◆アルペン以外のノルディックなどでは、日本選手は大活躍しているのに・・・スキーの花形・アルペンで勝てないのはなぜ?
 
◆皆川、佐々木、湯浅の3選手がここ数年W杯レースで台頭し、近年でもっとも期待されていただけに、悔しさが残りました。
 
  その他、ピラティス教室や懇親ボウリングのお知らせなど、A4・6Pで発行しました。次号は7月発行です。
 
※会員の皆さんへ・・・読んだら返信してくださいね。(杉)
 

イメージ 1
今年の秩父や奥多摩には二月の大雪の残雪がいまだに残っているところがあり、びっくりしました。
杉さんの70年近くの山歴でも、はじめての経験です。
雪があると滑りやすいだけでなく、山路が隠れてルートを間違えやすくなり、遭難も多くなるのです。現に今年の雲取山では2件の遭難がありましたし、ほかの山域でも事故が多発したようです。写真は、栃寄コースの桂の大木の上部の谷筋です。

イメージ 1
杉さんのフィールド・小石川植物園
の、「ハンカチの花」が今満開です!
ここ数年異常気象で、台風や大雪の被害で植物園も随分被害があり、ハンカチの木も
少なくなりましたが、今年は綺麗に咲いてくれました。
林床にはオオアマナの群落が見頃ですが、なんと言っても樹々の新緑が綺麗です。
あっ! ナンジャモンジャ(ひとつばたご)の花も盛りですよ。

イメージ 1
都民の森から三頭山への予定が、現地は全山濃霧の中…それに寒い寒い冬戻りだったので、三頭大滝往復で我慢?勘弁?してもらいました。
暖かな都民の森センター内でゆっくり昼食、午後はさっさと下山しました。
エッ? そうです! ここは都内最長のバス旅、片道1時間以上で940円もかかりますが、シルバーパスでOKなんです。
パスをお持ちの方はぜひご利用ください。

ハルコさん、去年に続いてまた登れなかったね。またお誘いしますから! また行きましょうね。

イメージ 1
GW初日の予定を天候で変更、三日に行きました。
ダムからオオブナ尾根を辿り、ゆっくり登って三時間、かつては二時間で楽勝だったのにやはりお歳は争えませんでした!
マメザクラ、一輪草、カタクリ、ハシリドコロ…の花々とヒガラ、メジロ、キビタキ、四十雀…の鳥たちを楽しみながらの早春の御前山でした。
まだ昨年の台風と二月の大雪の被害から、山道が回復していない部分が多く、ルート上に残雪もあったりと険しい山行でした。
でも天候に恵まれて、じっくり自然に浸れたいい山旅でしたよ。

このページのトップヘ