極楽スキー研究会 スガモスキークラブの部屋へようこそ!

基礎もいい、競技もいい、でもそれだけじゃありませんね? スキーは雪山を、ただひたすらダウンヒルするスポーツです! 大自然に抱かれて、鳥になり風になり、自然人に還って無心に遊びます。 歳を忘れ日常を忘れて、日本の冬を愉しむ「極楽な仲間たち」のブログです。

2013年02月

イメージ 1
酸ヶ湯で550僂箸? 凄いですねぇ!!!
何処も寒くて雪がどっさり…スキーには好適な条件が続いています。
野沢では、上部のやまびこゲレンデ一帯が絶好の深雪ゾーンになっていて、素敵でしたよ!
あんなに軽い粉雪なら、中級以上ならだれでも滑れるはずですね。
お風呂に入る勇気さえあればネ!

ご覧ください! こんなにいい状態だったんですよ!!!

イメージ 1
杉さんの滑りはストックと、腰でリードする滑りです。
両手を広げると、ストックが自由に使えなくなります。
デモたちの滑りは、動きを大きくはっきり見せようとしてか、両手を随分大きく広げて維持しています。

レーサーから酷評されるあのフォームですが、それが日本の流行りなのですから、教程の指導なのですから、杉さんも両手をもっと広げたいと思っています。

イメージ 1
スキーの醍醐味は、なんと言ってもノンストップのロングクルージングです。
そのための舞台は、幅の広いピステと軽いパウダーに覆われた中・緩斜面の起伏が、適度に交互に連続するようなコースです。
そしてべつの大切な条件は、視界がよく、コースが空いていることです。
今年のルスツと、野沢では、この極楽舞台に巡り合えました!!!
やぁ、極楽スキーとはこのことです!
ご一緒できなかった皆さん、次回はぜひ行きましょうね!

イメージ 1
久し振りの野沢は、初日は濃霧と吹雪でしたが中日に晴れて、ご覧のような見事な霧氷に飾られた毛無山のやまびこゾーンで、思う存分快適なクルージングが楽しめました。
野沢の特異な魅力は、やまびこゲレンデ一帯の林間開放ゾーンにあります。めっぽう軽いパウダーの林間を、ボーダーとスキーヤーが存分に滑っています。北海道以外では、こんなに自由な解放区を私は知りません!
やぁ、われわれも、も少し若ければ飛び込むのになぁ…!!!
でもやまびこのコースは何処も滑りやすくて、みんな歓声をあげて楽しみましたよ!

イメージ 1
久し振りに新幹線で猪苗代へ! 健ちゃんの出迎えを受けて、11時からもう滑ってました。豊雪でふかふか! 寒いので雪は軽い! 健ちゃんのリードでみんなバンバン滑りまくりましたよ。
翌日は新雪が20僂らいで、9時に出たらなんとマッサラの深雪バーンのご馳走を頂きました!!!

天狗のお庭やミネロの左右を縦横に滑りまわった二日間でした。
流石の杉さんもクタクタになりました!?

このページのトップヘ