極楽スキー研究会 スガモスキークラブの部屋へようこそ!

基礎もいい、競技もいい、でもそれだけじゃありませんね? スキーは雪山を、ただひたすらダウンヒルするスポーツです! 大自然に抱かれて、鳥になり風になり、自然人に還って無心に遊びます。 歳を忘れ日常を忘れて、日本の冬を愉しむ「極楽な仲間たち」のブログです。

2010年05月

イメージ 1
相変わらず高尾山は混んでます。
だから杉さんは、最近はなるべく人ごみの少ない路を選んでいるのですが・・・一番鳥の多い路は6号路、ここは午後になると下山者の長い列ができるので、朝のうちしか楽しめません。
まだセッコクは咲いてませんが、鳥はオオルリ、キビタキ、クロツグミ、ウグイス、ミソサザイなど聞けますよ。
写真は5月8日の朝の富士です。
遠くでホトトギスも聞こえました。

イメージ 1
最近カワセミをよく見かけます。
今年は小石川植物園に行くたびに見られますし、GWには久し振りに行った光が丘の池でも、小魚を捕らえるカワセミを目撃しました。
こんな都会の真ん中でも、たくましく生きる鳥がいるんですね。
(写真の中央付近にカワセミがいます。拡大してご覧ください)

イメージ 1
いつもゴールデンウイークの頃、小石川植物園のハンカチの木が花盛りとなります。
今年もご覧のとおり、ひらひらとたくさんの花が咲いていました。
形が変わっているので、いつも大勢の人が見物に来ます。

変わってるといえば、ナンジャモンジャも変わっています。正式にはヒトツバタゴというらしいけど、これも変わった花ですよ。

イメージ 1
高尾にも石楠花園があることは知ってたけど、今日始めて見てきました。
薬王院の受付寺務所の裏手で、垣根で平素は閉じられている所なので気付かなかったのですが、老杉の木立の下に色とりどりの石楠花が満開で、なかなか綺麗でしたよ。
この季節だけのお楽しみですし、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

今日は琵琶滝の上部で、梢でしきりと鳴くオオルリをはっきりと望遠鏡で捉えました。
キビタキ、ヤマガラ、ウグイス、クロツグミがよく鳴いていました。

イメージ 1
3日の小仏峠からの下り道で、イチリンソウが見事に咲いていました。
花が大きくて、とても立派なのに驚きました。
この旧甲州街道沿いの道は、春は2・3・4・5月とさまざまな花がつぎつぎに咲いて、眼を楽しませてくれますね。
これも高尾ファンの多い理由の一つでしょう。
杉さんもこの道も、もう10回以上歩いてるでしょうが、まだまだこれからも行ってみたいフィールドです。

このページのトップヘ