極楽スキー研究会 スガモスキークラブの部屋へようこそ!

基礎もいい、競技もいい、でもそれだけじゃありませんね? スキーは雪山を、ただひたすらダウンヒルするスポーツです! 大自然に抱かれて、鳥になり風になり、自然人に還って無心に遊びます。 歳を忘れ日常を忘れて、日本の冬を愉しむ「極楽な仲間たち」のブログです。

2009年10月

イメージ 1
沼っ原湿原の周回路を、先行者の後を追随して歩いていたら、どうもルートの様子がおかしい? そのうち路が下り始めたのでこれは違うと確信! 先行者達を呼び止めて後戻りすることにした。
案の定、ずっと手前に分岐があり、正しいルートに戻れてほっとした。やっぱり人の後をただついて行くのは、いけない。山では自分の判断を大切にしよう。
 ※写真は沼っ原湿原で、杉さん

イメージ 1
那須高原では、湯本温泉付近が丁度紅葉の見ごろでした。
茶臼から降りてきて、高原を半周して沼っ原湿原へ行く間、ずっと秋色を楽しみながらのドライブでした。バスハイクの楽しさは、景色のいいところをノンビリ観光できるところだね。(マイカーもいいけど、自分で運転してるとやっぱり疲れるよ。)
   ※写真はケーブル下駅付近の紅葉

イメージ 1
17日、晴子さんと那須・茶臼岳に行って来ました。ケーブル下駅までは薄曇で紅葉を楽しみながら登ってきたのですが、ケーブル上駅ではすっかり濃霧の中となり、その上強風が吹き上げて寒いこと!
二人とも防寒装備は万全だったので十分耐えられましたが、初冬の山の怖さを改めて体感した山行でした。トムラウシの遭難も悪天候にやられたのでしょうが、スキーだって油断は禁物です。山ではいつも最悪の状態を予測しながら行動しましょうね。
晴子さんは、なかなかしっかりした脚どりで、頼もしい限りです。
  ※写真は茶臼山頂付近です。

イメージ 1
今日、快晴の高尾へ登り、大見晴らしから冠雪したばかりの富士を拝んできました。  今年の冠雪は遅かったようですが、サテ新シーズンの雪はどうかな?
今、杉さんは新シーズンの極楽スキー計画に頭を悩ませています。
北海道は、今度はサホロへ行こうかな!?
宿や交通が良くて、安くて、スキー場が快適な・・・極楽プランを練っています。・・・乞う、ご期待!!

このページのトップヘ