極楽スキー研究会 スガモスキークラブの部屋へようこそ!

基礎もいい、競技もいい、でもそれだけじゃありませんね? スキーは雪山を、ただひたすらダウンヒルするスポーツです! 大自然に抱かれて、鳥になり風になり、自然人に還って無心に遊びます。 歳を忘れ日常を忘れて、日本の冬を愉しむ「極楽な仲間たち」のブログです。

2009年05月

イメージ 1
昨30日、恒例のSKI FORUMがサンシャインであったので行って来ました。
今年最初のスキー最新グッズを見聞する機会なので出掛けてみたのですが、開場直後から結構大勢の若人達で賑っていましたよ!
あの~、ボードが一切ないスキーオンリーの展示会は、やっぱり杉さんにはスッキリしてて見やすく、なにか楽しい雰囲気を味わいました。こんなの久し振りだもの!
オガサカのコーナーで嘉部さんと話してたら、悴田氏もやってきました。
新しい道具を知るのは楽しいものですね? 特にスキーは用具の話がうるさいのは、いいのか悪いのか? ちょっとしか差は無いのに少しでも良さそうな道具を見ると、やっぱり欲しくなるんですね!
全メーカーの新カタログをとりあえずゲットしたので、これからゆっくり眺めてみます。

イメージ 1
先週の土日は、尾瀬は晴れてましたが今週は雨、やぁわれわれはついてましたね!
でも、至仏やひうち岳の頂上は雲に隠れることが多かった。
ここは尾瀬を訪れるカメラマンが、みんな立ち寄る至仏のビューポイント・静かで広大な尾瀬の特徴がはっきり見えるんですね!

イメージ 1
23-24と尾瀬へ行って来ました。
雪が消えたばかりの尾瀬は、まだまだ早春の気配でしたが、丁度水芭蕉とリュウキンカが満開で、まだ人影の少ない静かな山旅を楽しんできました。
もう尾瀬は随分歩いていますが、季節を変えコースを変えて、何度でも行って見たい別天地でした。

イメージ 1
スガモレディースと、極楽スキーおやじ達が、突然集まって懇親会を開きました。やぁ結構集まってくれましたね!
よく食べ、よく呑み、よくしゃべり・・・楽しい一夕でした。
豪州帰りの林夫妻、久し振りの道子さんやら・・・みんな元気でよかったねぇ!!!

イメージ 1
右が今シーズン末期になってから使い始めたATOMIC・D2・VARIO・CUTです。両端が加圧によって開閉し、サイドカーブが変化します。まぁ杉さん程度の低速下では、さほど変化してるようには感じないのですが、大回りも小回りも快適に操作できてご機嫌です。やや重いのが難点ですが、ゲレンデ用ですから問題ありません。来シーズンが楽しみな1台です。
左はロシニョールのバンディットB3・セミファットです。深雪用に入手しましたが、湿雪・悪雪にも応用できますし、北海道や深雪の多いゲレンデに行くときには楽しめます。

それぞれに乗り心地の違いがあって楽しめるわが愛機です。

このページのトップヘ