極楽スキー研究会 スガモスキークラブの部屋へようこそ!

基礎もいい、競技もいい、でもそれだけじゃありませんね? スキーは雪山を、ただひたすらダウンヒルするスポーツです! 大自然に抱かれて、鳥になり風になり、自然人に還って無心に遊びます。 歳を忘れ日常を忘れて、日本の冬を愉しむ「極楽な仲間たち」のブログです。

2008年07月

イメージ 1
やっと梅雨が明けましたね。
20日の高尾行きは同行希望者がナシだったので、19日午後に独りで行ってきました!
涼しい谷間の木陰の路から、真夏の陽射し眩しい山頂へ飛び出すと、
そこは若者達の歓声で賑っていました。

大見晴らしにて・・・

[[attached(0,class="popup_img_3264_2448" width="560" height="420")]]
びわ滝コースの探鳥ポイント、二股ベンチのちょっと下で、大瑠璃がしっかりと鳴いていました。
ご夫婦の探鳥カメラマンが、大きな望遠カメラで杉の梢の大瑠璃を見事に捕らえ、しきりとシャッターを切っていましたが、杉さんのデジカメ(4倍)では全く見えず残念無念!
でも、大瑠璃の歌を暫しじっくりと聴いてきました。
高尾では、ここと表参道の下部が大瑠璃のポイントですね。
写真は、高尾山頂にある日本の探鳥の先達・中西悟道の歌碑です。

「富士までも およぶ雲海 ひらけつつ 大見晴らしの 朝鳥の声」

イメージ 1
やぁ暑くなって来ましたね! そろそろ梅雨明けかな?
暑ければ暑いほど、あの真冬の、キリッとした寒さの中で滑る爽快さに想いを馳せれば、ひととき暑さを忘れられます!
写真は奥吾妻、グランデコの上部斜面です。
正面に会津磐梯山を望みながら、がらがらに空いているスロープを、思う存分滑り回るのはなんと爽快なことでしょう!
さぁ、早く冬が来ないかな!
スキー馬鹿は幾つになっても治りそうもありませんね。

このページのトップヘ